学生でもお金を借りることはできる?できない?

キャッシング会社によっては学生でもお金を借りることができます。この場合は、融資年齢の条件が18歳以上になっている必要があります。18歳でも高校生は不可、短大生、大学生、専門学生などが対象です。

 

契約者本人が収入を得ていることも一つの条件となっており、アルバイトでも構わないので収入を得るようにしましょう。また、収入は継続して得ていることが重要なので、最低でも半年間は同じバイト先に勤務していなければいけません。

 

責任という意味で融資は原則として20歳以上を対象にしています。未成年者は保護される対象であり、18歳以上に融資を認めているキャッシングでも未成年者の自己責任で契約することはできません。

 

そのため未成年の学生には保護者の同意が求められます。同意を求められることなく契約できた場合、その取り引きを無効にできるため、手続き次第では返済する必要がなくなります。そうしたリスクも含めて正規のキャッシング会社では必ず保護者の同意を求めるでしょう。

 

もし偽証してサインをした場合は取り引きの無効化はできません。それどころか詐欺罪にあたるため、未成年者は保護者に相談してから申し込みを決めてくださいね。

安全に学生がお金を借りるには?

学生がお金を借りたいと思っても、安定した収入がないので、通常であれば断られてしまいます。

 

生活費が足りなくなった、教科書を買いたいけれどお金がないといった時に、学生でも借りられる場所を探していると、闇金などに引っかかる可能性もあるので注意したいところです。

 

誰もがカードローンを考えついて、それでも収入がないので諦める人が多いのですが、最近では20歳以上でアルバイトをしているのであれば、学生でもカードローンを申し込むことが可能となっています。

 

大手であればあるほど安心して利用できるほか、消費者金融なら融資のための条件がきちんと揃っていれば学生でも寛容に対応しているので、親の承諾がなくても利用することができるようになっています。

 

こちらが申込可能です。

  • プロミス
  • アコム
  • モビット

申込みをする場合のポイント

学生時代は人生のうちに最も自分投資のためにお金を必要とする時期です。

 

大学の専門学校の授業料や一人暮らしの家賃、サークルや合宿、資格取得のためのスクーリング、さらには留学や海外旅行に至るまでその使い道は実に様々です。

 

もしもこれらのお金が不足した際には消費者金融や銀行にお金を借りるために申込依頼してみると良いでしょう。

 

学生がお金借りる方法としてはカードローンやキャッシングなど様々なものがあります。

 

まず注意すべきポイントは総量規制という決まりごとで、これによると消費者金融では年収の3分の1を超える融資は行えないことになっています。

 

つまり何も収入を得ていない学生は融資を受けることができないのです。

 

また業者によって融資条件は異なりますので、どこか自分にとって条件の良い融資を提供してくれるのかしっかりとチェックした上で依頼先を決定しなければなりません。

 

一方で銀行でお金借りる際にはこう言った総量規制は対象外となります。

 

とはいえ全く返済能力のない学生に多額の融資を行うことはありませんので、バイトなどで収入を得ていない人が銀行で借り入れを行うにあたっては親の住所や職業、勤務先などの情報を記載しなければならない場合もあります。

 

こういったポイントを踏まえて借り入れ申請する必要があるでしょう。

申込ができる条件

学生生活をしていると、教科書を買ったりサークル活動をしたり、また友達と交友を深めるためにといろいろな場面でお金が必要になります。

 

時には、手持ちのお金がたりなくなって、お金借りる必要が出てくることも考えられます。

 

そんなとき、学生でもお金を借りることができるのが学生ローンです。

 

この学生ローンでお金を借りる場合には満たさなければならない条件が3つあります。

 

まず1つ目が、学生であるということです。高校を卒業して、大学・短大・予備校または専門学校に通っていることが必要です。

 

高校卒業後に通う学校であれば、基本的に種類は問われません。また、高校生への貸出は行われていません。

 

次に、20歳以上であることが必要です。上で挙げた学校に通っていても、基本的に20歳未満の場合は利用できません。一部の業者では18歳以上でも保護者の同意があれば利用できる場合もあります。

 

最後に、安定収入があることが必要です。

 

これは一見すると難しいように感じますが、安定収入の基準というのは一般的な消費者金融や銀行ローンよりは低めに設定されているため、フルタイムで働いていなくでもある程度安定したアルバイト収入があれば審査を通過することができます。